Go to content Go to navigation Go to search

Festa da Soja (大豆祭り)

5月 26th, 2012 by EMIKO

 

 ポルトガル時代にお世話になっていた夫婦が住む Bela Vista do Paraiso。
明け方まで続いたロンドリーナでのショーを満喫し、その足で彼らのもとへ。

 いつもと変わらない笑顔で迎えてくれた (^^)
お子さんのVちゃんも一ヶ月の間に新しいことをたくさん覚えていた。
同じテーブルを囲んでの食事、テレビを見てゆっくり休んで、お出かけして、と
ポルトガル時代と同じ空気のなかで彼らとの時間を過ごした。

 
 ちょうど、Bela Vista do Paraisoでは 『Festa da Soja (大豆祭り)』 を開催中。
大豆の生産地ゆえにこの名前がついているとのことだが、どこにも大豆の姿はなかった。
この祭りの名物は、豚モモ &牛バラ 焼き。

  豚も牛も串にブスッと刺され、
 ボーボー焚かれた火のなかで
 焼かれていた。

 

  
                                              焼き上がった肉は、ブロックに刻まれ   

 
  各自で好きな部分を選んでとって、
 いっただっきまーす!!

 

 

  ブラジルに来て、再会できるとは夢にも
 おもってなかったよ。
 きっとまたこの先もどこかで会えるでしょう。

 
 その日を楽しみにしてるね  ♪

 

帰国報告会 & Bruno & Marrone

5月 25th, 2012 by EMIKO

 

 
 2010年7月にブラジルへ渡ったボランティア組が、『報告会』をする日がきた。
各任地から、全JICAボランティアがサンパウロに集まった。
ブラジルの北から南の各地で様々な気持ちを抱きながらも、一人一人が
一生懸命活動されてきた様子が、それぞれの発表から伝わってきた。
2年間の活動を終えて帰国する実感はまだまだ全く無いが、着々と近づいてきて
いるのは確かだ。ブラジルでの活動もあとちょうど一ヶ月。

  
 そんなところに、なんと ご褒美が (*^。^*)

  
 Bruno & Marrone がロンドリーナに来てくれることに!!!!!!!!!!
しかも、サンパウロでの報告会と同じ日の夜に・・・。

  
 こりゃ、なにがあってもBruno & Marroneのショー(ライヴ)へ行きたい! 
サンパウロでの報告会を終え、ダッシュでロンドリーナへ飛んだ。

  
      無事フライトに間に合い、
     Cちゃんと一緒にショーへ ♪ 
 

  
 ステージのド真ん前に行けるよう、良いチケットを買ったつもりだったけど、
上にはまだ上があり、私たちの場所の前にはテーブル席エリアが大きくとられていた (T_T)
残念ながら、近々距離では聴けなかったけれど、やっぱり Bruno & Marrone は良い ♡

  
 もう一つ残念だったことは、ショーが終わった後の会場の様子。 
 

  
  ゴミがあちこちに捨てられている。
 信じられないけれど、会場にゴミ箱が
 設置されていない。
 これでは、『ゴミはゴミ箱に捨てる』という
 習慣が身に付かないよな~。

 
  私自身、『ゴミはゴミ箱に捨てるんだ』
 という日本人として当たり前の感覚を
 持っていられてよかったと、
 この様子を見て感じた。

 

 

作品コンクール ① (習字 & 児童絵画)

5月 20th, 2012 by EMIKO

 

 毎年 ブラジル全国規模で『日本語学校生徒 作品コンクール大会』が行われている。 
種目は、 - 書道 - 児童画 - 硬筆 - 作文 - 漫画アニメ。

 
 今日はいよいよ本番。
午前中は習字、午後は児童画。

 
 マウア日本語学校からは生徒14人を連れて、貸し切りバスに乗ってロンドリーナのモデル校(会場)へ。
お弁当にお菓子を持って、子どもたちは遠足気分 ♪
ロンドリーナ市周辺の町からも、複数の日本語学校の生徒が集まった。

 
< AM: 書道 >
 二つの課題のうち、各組ごとに最終課題が発表。
ジャジャン!

  書く字が決まれば、いよいよスタート!
 
 マウア日本語学校は、習字を半強制的に12人に参加してもらった。
4月に入ってからというもの、筆に慣れてもらおうと週一で書道の時間(40分)を設けて練習した。
全く自分の得意分野でないながらも、筆を持って見よう見まねで指導してきた。

 
~ A組 ~
  

 
~ B組 ~
  

 
~ C組 ~
 

 
~ D組 ~
 

 
 
< お弁当 > & < 休み時間 >
 持ちよりでお弁当を広げ、みんなで美味しく食べた。
食べた後は走りまくって遊んで、汗ビチョビチョ。
こりゃぁ子どもたち、午後は眠たくなるぞ・・・。

 

 
< PM: 児童画 >
 課題テーマから自由に選んで描く。
 児童画も、半強制的に14人に参加してもらった。 
 マウアの生徒は、なぜか友だちと同じ絵を描きたがる。

 
 テーマの一つに ” 果物 “ があれば、 りんご  か ぶどう
  
  

 
 テーマの一つに ” 風景 ” があれば、富士山
  

  
 テーマの一つに ” 動物 ” があれば、 おっ!これはみんな違うものをそれぞれ描いてくれた。    
  

  
 半強制的に参加してもらっているとはいえ、みんなで楽しく作品コンクールに行ってきた。
2週間後(6/3)は、” 硬筆 ” の作品コンクールがある。
この日は、お弁当ではなくご褒美としてみんなで外食だ。
今年はどこに行くんだろう? マクドナルドかな? (*^。^*) 食べ放題かな? (*^。^*)

 

『母の日』 @ 会館

5月 19th, 2012 by EMIKO

 

 
 先週の日曜(5/13)が 『 母の日 』 だったけれど、
『 トウモロコシ祭り 』 が開催されていたため、
当日マウア日本人会のお母さんたちは、休む間も無く働いていた。

 
 なので今年の会館での 『 母の日 』 のお祝いは、
一週間遅れて今日(5/19) となった。

 
★ 青年会は、ご馳走をつくってお母さんたちにプレゼント。
 メインディッシュは 洒落て、ムケッカを大きな鍋で。

 

 

 

 

 
  白身の魚をトマト・タマネギ・ピーマン
 といった野菜と煮込んだ料理。

 
  見た目もよかったが、
 味もちょうど良くとても美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 
★ 日本語学校の生徒からは、一生懸命発表してお母さんにプレゼント。
 ① 子犬のマーチ (ピアニカ演奏)            ② 肩たたき (歌)
    
 ③ とんでったバナナ (踊り)                     ④ さんびきの子ブタ (劇) 
 

 
★ 老総会は、みんなで合唱
  

 
 「みんなで歌います。
  バイオリンを持ってきて下さいね。」
  Kさんが電話を入れてくれた。

 

 

 
 ”故郷” ・ ”赤とんぼ” ・ ”みかんの花咲く丘” を歌うと聞いていたのだが、
舞台の上で緊急会議が行われ、『月の砂漠』 と 『青い山脈』に決まった。
老総会メンバーによる発表は、いつも気ままだ。

 
 そんなこんなで、今日の 『 母の日 』 の集まりも楽しく行われた。

 

ミカン狩り

5月 18th, 2012 by EMIKO

 
 Mちゃん(日本語学校の生徒でもあり見習い先生)のおじいちゃんは、
季節ごとにいつもおいしい果物を日本語学校用にケースいっぱいにくださる。
今は、みかんの時期だ。
みかん・デコポン・ポンカン等々いろんな種類のみかんが届く。

 
 食べてるばかりじゃなくて、今日は実際にミカン狩りへ。
 
青空のもと、みかんの木の下でムシャムシャ。
これまた、うまいっ。

 
一ヶ月もしたら旬のアテモヤも良い感じに育ってる。

 

 
   ザクロ・ズッキーニもちょうど食べごろだ。
  とりたてホヤホヤをいただきます。
 
 庭に食べ物のなる木や植物があるって良いねぇ。
Mちゃんのおじいちゃん、80歳近くになるけど、広いお庭を一人で日々手入れしているとのこと。
彼の果物は、何と言ってもおいしい!
そして おじいちゃん、ホント元気。

 

三匹の子ブタ (劇)

5月 17th, 2012 by EMIKO

 
 小学一年生の音楽の教科書に『三匹の子ブタ』の歌が ♪

 この歌に、ナレーター ・ 三匹の子ブタ ・ オオカミのセリフ & BGMをつけ、
『 母の日 』 の出し物として ただいま練習中。
マウア日本語学校全員参加の劇だ。一体何匹の子ブタがいるんだか (笑)
子どもたちの演技 & 歌 に BGM、なかなか良い味が出てる(●^o^●)

 
 小道具 & 大道具もできたっ!
  
 ラップの芯 ・ 牛乳パック ・ 段ボール箱 ・ トウモロコシの皮 ・ 古い紙など
殆どがリサイクル工作。買ったものといえば、発泡スチロール板1枚のみ。
経費が無いので、糊まで手づくりのものを・・・。
その割に、なかなかのものが作れたね (^O^)/

 
よしっ、準備万端だ! あとは、いつも通り元気よく発表しようねっ (^^)v

 

Y君、誕生日おめでとう

5月 16th, 2012 by EMIKO

 

 
 昼組のY君のお母さん、ケーキを日本語学校に届けてくれた。
 
           Y君、誕生日おめでとう ✿

 

Sさん(JICA仲間) @ マウア (^^)v

5月 13th, 2012 by EMIKO

 

 
 マウアの << トウモロコシ祭り >> にロンドリーナ市から遊びに来てくれたSさん。

 
「江美子先生~、友だちが下の店で待ってるって。行ってあげて。」
会館で麺をゆでたり肉を切るお手伝いをしていたところ、トウモロコシ祭りの会場から
電話が入り、伝言を受けた。

 
 高速バスで1時間半もあれば到着するはずが、途中で事故の渋滞にはまってしまったそうで
3時間以上かかったそうだ。夜の9時半に着いたあげく、彼女の携帯が圏外に・・・。
連絡も取れなくなってしまったなか、彼女は自力でACEM(マウア日本人会)のお店にたどりついた。

 
 タレの出汁の匂い、ホールを担当する青年会の衣装(法被)に『マウア青年会』という文字、
働くスタッフが日系人だったということで、「ここが、日本人会の店だ!」と、
確信を持てたということ (笑)

 
 長い道のりのあげく、暗くて知っている人もいないなか、
ここまでたどり着いてお疲れ様です。  

 

  
 「いらっしゃい、マウアへ \(^o^)/!」

  

 
  まずは、マウアのヤキソバを食べて一休憩。

 
  とても美味しい出汁が出ているとのことで、
 Sさんにもマウアのヤキソバ大好評(●^o^●)

 

 

 
  ミスマウアを観戦してるうちに深夜12時をまわり、
 さすがに冷えてきた。
 帰ろっ!!

 
「マウアは、夜遅くまですっごい人がイッパイいるんだね。小さい町だって聞いてたから、
どんなとこかと思ったけど、結構にぎわってるね。」
ありがとう、Sさん。
彼女のマウアの第一印象は、好印象 (^^)v
まぁホントのところ、トウモロコシ祭りが無いときは、この辺りガラガラなんだけどね・・・。

 

 
 翌日は、朝早くから働かせてしまい・・・

 

 

 
 「自分が一生のうちに食べる以上の肉は切ったよ。」
 ホント、たっくさん切ってくれてありがとう m(__)m

 

  
  昼食を食べて、お祭りに行こうと思ったところに大雨 (>_<)
 ドシャドシャ降り。 
 ・・・結局また、野菜切りのお手伝い。

 

 

 
 せっかく<< トウモロコシ祭り >> に来たんだから、雨でも遊びに出よう!
小降りになったところで、会館脱出。

 
 Cちゃんと一緒にトウモロコシ祭りを堪能。

 
 お祭りで食べるのを楽しみにしてたクレープ(ブラジル風)をゲット!!

 

 

   
  「エミコ!Bruno & Marroneのショーのために帽子を買おう!」
 と、Cちゃん。
 そう、5月25日に、Bruno & Marrone がロンドリーナに来る!  
 Cちゃんと一緒に行く約束をしている。
  帽子好きなSさんも共に、3人で帽子選び。
 
                                        よしっ!帽子も買ったし、
                                       これでBruno & Marrone のショーは準備万端だね!
 

 

 

 

 
  遊びに来てもらったはずが、たくさんお手伝いしてもらって
 ありがとうね、Sさん。
 マウア日本人会は、いかがだったかな。
 マウアの << トウモロコシ祭り >> 、楽しんでもらえたかな。

 

 

 
  時間があったらまたゆっくり遊びに来てね。
 次回は、マウアの喫茶店にご案内します (^^)v

 

トウモロコシ祭り (マウア市開催)

5月 13th, 2012 by EMIKO

 

 
 3日間にわたっておこなわれる 《 トウモロコシ祭り 》。
何気によく知られているこのお祭り。この3日間は、周りのまちから大勢の人が集まり、
マウアには見違えるほど人が増え夜遅くまでにぎわう。

 
 マウア日本人会のレストランで販売される料理は、婦人会が調理担当。
目玉商品のヤキソバに加え、串刺し肉・フライドポテト・パステルといったサイドプレートや、
売店で販売される和菓子など。
 各ポジションにリーダーが任命されており、それぞれの場所で3日間責任もって取り組む。
といっても、ブラジルだけに笑い声を飛ばしながら、みんな楽しく仕事をする。
「しゃべってばっかりいると、マスクが配布されてきちゃうよ。」と言いながらも話はとまらず
手も動く。

 

 
~ ヤキソバの具 ~
  
大量の肉を細かく切り、大量の野菜を3日間刻み切り続る。

 

  
  細かく刻まれた野菜と肉が 
 大きな袋にドッサリ!

 
  これだけあっても、夜になると足りなくなり
 後からまた追加で切りたされる。

 

 

 

 

 
~ ヤキソバのタレ ~

 
  豚の足&鶏がらを煮だしてスープをとる作業。
 何度か水を取り替えては、足を洗っては、グツグツグツ。

 

 

 
  とんこつスープの出来上がり ♪
 旨みを出しきった豚足と鶏ガラを出して、 
 

 

  
  みなさん、レモン醤油で美味しそうに
 お腹いっぱいに食す。
 3日間、それだけの豚足を食べたら肌もツルツルだね(^^)v

 

 
  プリンプリンした立派な豚足だ。
 私は残念だがら食わず嫌い (+_+)

 

 

 
 白いとんこつスープに調味料と片栗粉でとろみを加え、
マウアヤキソバの決めてとなるコクのあるトロトロタレの完成!

 
~ 売店販売商品 ~
             - 巻きずし -                       - とうもろこしケーキ - 
 

 
                    - どらやき (ブラジル風) - 
 
 
             - お餅 -

  
 「わぁ、餅をついてるよ!」と、 
 ウスで餅をついてるとこに
 子どもたちの目はくぎ付け。

 
  つきたてのもちは、四角く切られて販売。 
    

~ スタッフのおやつ作り ~
          パモーニャ焼き                          おむすび
 
  ↑ 売店で販売するためにつくったパモーニャをフライパンで焼いたお菓子。 

 

 

 
  一日中立ちっぱなしの足を、
 コーヒーブレイクで美味しいおやつを
 食べながらしばしの休憩。

 

 

 

 

 

  
~ 日本人会レストラン ~

  
  ACEM (マウア日本人会)とトウモロコシで
 かかれたノレンの下にもお客さんの列が続く。

 
  <<トウモロコシ祭り>>だけに、トウモロコシで
 飾り付けされたACEMのレストラン。

 
  店内は、満員。
 ホールは、青い法被を着て青年会が担当。
 

 
  この大繁盛ぶり。
 レストランの厨房も大忙し。 
 みんな、息をつく暇も無く頑張ってる。

 

 
  売店も売れ行き上場。
 カリントウに巻きずしは、今夜の分 残りわずか。
 

 
~ ミス・マウア ~

  
  2日目の夜は、ミスマウアコンテストが行われる。

 
  Yさんの息子さんのNさんは、美容師さんであり
 メークアップ屋さん。
 彼は毎年、ACEM(マウア日本人会)が選出する候補者の
 メイクアップを担当している。

 
   これまで、ACEMは何度も優勝してきた。
  さてさて、今年はどうだろう? 
 
                                      結果は、・・・残念ながら、今年は賞に入らなかったACEM。
 
~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ 
 心配してた雨は、やっぱり降ってきた。
3日間、どこかの時間でかならずザブザブきた。
 3日目のお昼すぎ、バケツをひっくり返したような雨が始まった。

  
  会館の外では、赤土の水たまりができる。
 白い壁まで赤土で染まってる。

 
  会館の屋根からはジャージャー水が流れ落ち、
 低いとこでは洪水状態。
 
 
 このような雨が降り出すと、お店の外には人がいない状態に。寂し (T_T)
 
 さっきまで、人!人!人!で真っ直ぐ歩けなかった道が、空っぽ。
行列ができてた乗り物も、雨のため停止中。

 

 
  これじゃあ、予定されてたバイクショーもできないね (泣)

 

 
   ステージで一生懸命歌ってても、
  応援する観客が誰一人いないね (泣)
  まぁ、スピーカーで響き渡ってるからいいっか。
  (にしても、カラオケ並みにヒドイ歌だ・・・)
  
 雨が降る間、みんなレストランで雨宿り。そのため、店内は人でギッシリ。
   

 
 せっかくの << トウモロコシ祭り >> に雨が降ってしまったため、利益は減っただろうが、
いろんな町から大勢の人たちが集まり、お客さんたちは大いに楽しんでいかれたと思う。

 

『 トウモロコシ祭り 』 の 絵

5月 11th, 2012 by EMIKO

  マウアダセーハ市誕生 17周年を祝して、今年も『 トウモロコシ祭り 』が
5/11(金)夜~5/12(日)まで行われる。

    
 マウア日本人会は、大きなテントでレストランを出す。
今日は、朝組の子どもたちを連れて、テントに絵を飾りに会場へ出かけた。
 今年は、なんだか空模様が怪しい。天気が3日間なんとかもってくれると良いんだけど。
雨が降ると寒くなるし (>_<)

 

 
  いよいよ今夜からスタートするお祭り。
 会場の入り口に大きな幕がかけられた。
 各ブースのテントも徐々に組み立てられている。

 

 
 いつもと違う町の様子に子どもたちもワクワク(*^。^*)

 

 

 

 
 日本語学校の子どもたちが描いたとうもろこしの絵が
テント内に飾られ、雰囲気を明るくしてくれた。
   
    
 散歩がてら公園で一汗ながしてると、雨がポツリポツリ。
きゃ~! 降らないで~。
 

 
 会場となる大通りには、農業用大型車も到着し始めた。
準備は、着々と進んでるようだ。
 

 

 

 

 
    おねがい!
   雨は降らないで~!

 

« Previous Entries