Go to content Go to navigation Go to search

作品コンクール ① (習字 & 児童絵画)

5月 20th, 2012 by EMIKO

 

 毎年 ブラジル全国規模で『日本語学校生徒 作品コンクール大会』が行われている。 
種目は、 - 書道 - 児童画 - 硬筆 - 作文 - 漫画アニメ。

 
 今日はいよいよ本番。
午前中は習字、午後は児童画。

 
 マウア日本語学校からは生徒14人を連れて、貸し切りバスに乗ってロンドリーナのモデル校(会場)へ。
お弁当にお菓子を持って、子どもたちは遠足気分 ♪
ロンドリーナ市周辺の町からも、複数の日本語学校の生徒が集まった。

 
< AM: 書道 >
 二つの課題のうち、各組ごとに最終課題が発表。
ジャジャン!

  書く字が決まれば、いよいよスタート!
 
 マウア日本語学校は、習字を半強制的に12人に参加してもらった。
4月に入ってからというもの、筆に慣れてもらおうと週一で書道の時間(40分)を設けて練習した。
全く自分の得意分野でないながらも、筆を持って見よう見まねで指導してきた。

 
~ A組 ~
  

 
~ B組 ~
  

 
~ C組 ~
 

 
~ D組 ~
 

 
 
< お弁当 > & < 休み時間 >
 持ちよりでお弁当を広げ、みんなで美味しく食べた。
食べた後は走りまくって遊んで、汗ビチョビチョ。
こりゃぁ子どもたち、午後は眠たくなるぞ・・・。

 

 
< PM: 児童画 >
 課題テーマから自由に選んで描く。
 児童画も、半強制的に14人に参加してもらった。 
 マウアの生徒は、なぜか友だちと同じ絵を描きたがる。

 
 テーマの一つに ” 果物 “ があれば、 りんご  か ぶどう
  
  

 
 テーマの一つに ” 風景 ” があれば、富士山
  

  
 テーマの一つに ” 動物 ” があれば、 おっ!これはみんな違うものをそれぞれ描いてくれた。    
  

  
 半強制的に参加してもらっているとはいえ、みんなで楽しく作品コンクールに行ってきた。
2週間後(6/3)は、” 硬筆 ” の作品コンクールがある。
この日は、お弁当ではなくご褒美としてみんなで外食だ。
今年はどこに行くんだろう? マクドナルドかな? (*^。^*) 食べ放題かな? (*^。^*)

 

Leave a Reply